お問い合わせお問い合わせ

Feature R-Talkとは?

R-Talkシリーズ 新着情報

R-Talk900進発売
R-Talk950新発売

快適な音声コミュニケーションを実現する

会議用マイク・スピーカー「R-Talkシリーズ」とは

「R-Talkシリーズ」は、様々な遠隔会議でご利用いただける音声会議用マイクスピーカー。
「R-Talkシリーズ」と固定電話や携帯電話、スマートフォンやパソコンなどの通信機器を接続すれば、離れた場所にいる人といつでもどこでも面倒な設定いらずで音声会議がはじめられます。快適な音声コミュニケーションを実現するため、エコーキャンセラーやノイズリダクションをはじめとするNTT研究所の音声・音響技術を搭載し、多人数同士の会話でもクリアで聞き取りやすい音声でストレスのない快適なミーティングを実現します。
※R-Talk本体に通信機能はありません。

NTTテクノクロスが贈るシンプルながら高性能な会議用マイクスピーカー「R-Talkシリーズ」。
一歩進んだ音声コミュニケーションを、「R-Talk」が実現します!

R-Talkが実現する3つの「R

「Real」「all-Round」「Right now」 R-Talkは3つの「R」を実現します。

こんな場合におすすめです!
  • 低コストで音声会議を導入したい
  • 遠隔会議により、出張費・移動時間を削減したい
  • 専用の回線工事などを必要とせず音声会議を導入したい
  • 会議設備の無い場所でも電話会議を実施したい
  • 外出先からでも簡単に電話会議を実施したい
  • 遠隔会議を行うための機器の準備や設定が難しく面倒に感じている
  • Web会議において、パソコン内臓のマイクスピーカーではエコーの発生やボリューム等に不満がある
  • いざという時に使える遠隔会議手段を準備しておきたい

R-Talkが実現する「聞き取りやすい音声」

R-Talkシリーズには、音声会議で非常に重要な「声の聞き取りやすさ」を向上させる、NTT研究所が長年培った音声・音響技術が搭載されています。
代表的な技術をご紹介いたします。
NTT研究所の技術を応用したエコーキャンセラーを搭載
会議の最中、スピーカーから出力される会話音声がマイクに拾われてしまいエコーが発生することがあります。これを除去する技術がエコーキャンセラーです。エコーキャンセラーには以下のような方式が使用されています。
エコー除去インテリジェントマイク
複数の集音マイクにより、スピーカーから再生される相手の音声や周囲雑音を除去し、話者の音声を明瞭につたえる新技術です。
ダブルトークロバストエコーキャンセラ
ダブルトーク(同時発話状態)でも正確にエコーを推定することにより、従来技術での聞き取りづらさを解消し、対面で会議しているかのようなリアルな音声通話を可能とする新技術です。

エコーリダクション
マイクスピーカーを通した音声(入力信号)には通話の音声だけではなく、エコーが含まれています。エコーリダクションではエコーの周波数を特定し、出力するときにはクリアな音声のみを届ける機能です。

ボイススイッチ
他拠点の音声と自拠点の音声など、会議中に存在する複数の音声の大きさを比較し、音量を制御します。ハウリングやエコーが起きにくくなります。
適応フィルタ
その場の音声に合わせたフィルタ処理をすることで、エコーが発生しにくくなります。
デュオフィルタ構成の適応フィルタ
複数の拠点で同時に音声を発した際、エコーが除去しきれない場合があります。その問題をこのフィルタで回避します。
ノイズリダクション

エアコンの音や紙をめくる音などの環境雑音を特定して取り除きます。

オートゲインコントロール

人によってマイクへの距離や声の大きさが違いますが、この技術によりそれらを一定の音量に調整することで、聞きやすい音声で会議をすることができます。



※エコーとは…スピーカーから出力された音声がマイクに拾われてしまい、同じ音声が繰り返し再生されてしまうこと

※ハウリングとは…エコーと同じ原理で発生し、特定の周波数のみが大きくなり「キーン」などの大きな音が鳴ってしまうこと

※ダブルトークとは…複数拠点の同時発話により回線経由で発話が重なる状態

What is

最先端の技術による音声&音響ソリューション
NTTテクノクロスがワンストップでご提供します。

ページトップへ