お問い合わせお問い合わせ

Line up 製品情報 R-Talk HS310 使用準備

ご使用準備

1)接続機器に応じた接続 ケーブル(別売)の用意

各種携帯電話/スマートフォンと接続

スマートフォン ドコモ、ソフトバンク au 平型

R-Talk用携帯電話接続ケーブルセット(RT-OPT-CBL1)またはR-Talk用スマートフォン接続ケーブル(RT-OPT-CBL2)をご用意いただき、接続機種の端子に対応したケーブルをご使用ください。Bluetooth接続時はケーブルは不要です。2)で設定する動作変更スイッチは「5」が「OFF」、「6」が「OFF」です。

無線機と接続

無線機本体と接続するプラグ形状に合わせて、 R-Talk HS用無線機接続ケーブル(Type F1/Type F2/Type Y/Type I)(HS-OPT-CBL1~4)のいずれかをご用意いただき、ご使用ください。

(a) 端子形状がType F1の場合:2)で設定する動作変更スイッチは「5」が「OFF」、「6」が「ON」です。 Type F1 (b) 端子形状がType F2/Type Y/Type I の場合: 2)で設定する動作変更スイッチは「5」が「ON、「6」が「ON」です。 Type F2 Type Y Type I

ワンポイント

・動作確認が取れている装置、接続ケーブル、設定についてはこちらの適合表でご確認ください。

2)カバーを外し電池を入れ、動作変更スイッチを設定

①カバーネジを回して電池カバーを外し、+-の方向を確認して電池をセットしてください。
②動作変更スイッチを設定してください(取扱説明書(詳細版)を参照してください)。
③電池カバーを戻してカバーネジで固定してください。

ワンポイント

・カバーネジが指で回しづらい場合は、コイン等を使用してください。
・給電端子によるUSB給電も可能です。

3)ヘッドセットプラグを接続

①ヘッドセットプラグを本体上のヘッドセット端子の突起の方向と合わせ挿し込んでください。

本体側の突起をヘッドセットプラグのくぼみの位置と合わせてください。

お願い

・プラグを抜く際は、ケーブルを引っ張らずにプラグ本体を持って抜いてください。

4)ヘッドセットを装着

ノイズ用マイク塞がないで!マイクを口元に!

①ネックバンドを少し開いて後ろから頭に合わせ、イヤーピースを耳に入れます。
 次にネックバンドを耳の収まりがよい位置に調整し、ヘッドセットを固定してください。
②マイクアームを曲げ、マイクを口元の位置に合わせて調整してください。

ワンポイント

・ウインドスクリーンが視界を遮る場合や、風の影響を受けない屋内等での使用の場合、ウインドスクリーンは取り外して使用することができます。
 取り外したウインドスクリーンは無くさないように保管してください。
・周囲の音を確認したい場合には、イヤホンRを(a)回転させて耳から外すか、(b)ネックバンドから取り外して使用することができます。

(a)イヤホンRを回転させ耳から外す場合 (b)イヤホンRをネックバンドから取り外す場合

お願い

・ノイズ用マイクの穴は指やヘルメットのバンド等で塞がないでください。 雑音低減の効果が得られなくなることがあります。

What is

最先端の技術による音声&音響ソリューション
NTTテクノクロスがワンストップでご提供します。

ページトップへ